革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

代行の方が安い

株式会社の設立は代行してもらった方が安い

株式会社を設立する手続きは煩雑ですから、代行してくれるサービスを利用したいと考える人は多いのではないでしょうか。しかし、サービスを利用すればその報酬を支払わなければなりません。そのために、トータルの費用は高くついてしまうと考えてしまいがちです。しかし、安くなることもあります。コンサルティングまで行ってもらえば時間を使ってもらわなければなりませんから高くなることが多いですが、一部の手続きを任せるだけなら安くなることもあるのです。

報酬を支払っても安くなるケースがあるというと、奇異に思われる方もいらっしゃるでしょう。これは定款印紙代の分だけ安くなるからです。現在のところ、政府は電子化を進めていて、そのためにいろいろな手続きを電磁的に行うことができます。そして、それを推進しているために、電磁的な手続きを行うことによって手数料や税金などが安くなるケースが多いのです。

その一つが定款印紙代です。かつては定款を紙に印刷して作成することが多かったのですが、現在のところはデータとして作成してそのまま提出することが可能です。株式会社を設立するときには、紙に印刷した定款には4万円分の収入印紙を貼らなければなりません。しかし、データとして作成した場合には印紙を貼る必要はないのです。

そのため、4万円分は安くできるというメリットがあります。パソコンとICカードリーダー、ソフトウェアがそろっていれば、自分で作成することも可能ですが、これらをそろえるためには多くの費用が必要となります。この部分だけを代行してくれる業者に依頼するのは良い方法だと言えるでしょう。サービスを利用すれば報酬を支払わなければなりませんが、その金額は1万円くらいのものもあります。1万円を支払って4万円分も安くなるのなら、利用しない手はないでしょう。

このような理由があって、株式会社を設立するときには代行サービスを利用する人が多くいます。もちろんですが、ほかの理由で利用する人も多くいます。例えば、分からないところを相談したいという人も多いでしょう。多くの人にとって初めての経験ですから、細かいところについて相談に乗ってくれるサービスを利用するのも良い方法です。結局はどこまでのサービスを利用するのかによって報酬の金額は変わってくるのですが、株式会社を設立するときには、電子定款の作成だけでも代行サービスを利用するメリットは大きいと言えるでしょう。”