革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

設立期間

株式会社を設立するのにかけるべき期間

株式会社を設立するのにどれくらいの期間が必要なのでしょうか。これはそれぞれで異なるとしか言いようがありません。法律で定められている手続きを行うためには、専門の業者に依頼すれば1週間もあれば十分です。具体的な手続きとしては、定款の認証の手続きと登記申請の手続きの二つがあります。定款はテンプレートを用いればすぐに作成できますから、自分でやったとしても、1ヶ月くらいで完了させることも可能です。しかし、ずさんに考えていると後からトラブルになることもあります。

例えば、株式会社を設立するときに、取締役を誰にするのかは大事な問題の一つです。また、取り締まりの任期についてもよく考えなければなりません。取締役は経営を行うだけの権限は持っていますから、適当に選んでしまうと、経営をスムーズに行えなくなります。その際に取締役を解任することも選択肢として考えておかなければなりませんが、任期の途中で簡単に解任できないという点にも注意しなければなりません。適した人材を取締役に任命し、適した人気を設定することが必要です。

ほかにも例えば、資本金のよく考える必要があります。資本金が小さすぎると信用力を得られないばかりか、運転資金が尽きてしまうことになりかねません。決算をいつにするのかを決めることも大事で、適当に決めていると忙しいときに決算処理に追われることにもあります。そうならないようにするためには、会社設立の手続きに入る前に、しっかりと考えておかなければならないのです。

考えるべき事は定款に記載されている事項です。定款に記載すれば、それが株式会社を運営していくための基本的なルールとなります。後から変更することも可能ですが、その際には手数料を支払うことも必要となりますから、できれば変更しなくて良いように、最初からきちんと考えておくのが良いです。

このように、株式会社を設立するためには、いろいろなことを決めるのに時間をかけなければなりません。実際に手続きにかかる期間は非常に短いですが、定款に記載するべき内容について考えるのに多くの時間を費やさなければならないという点に注意が必要です。ですから、株式会社を設立しようと思ったのなら、まず定款にどのようなことを記載しなければならないのかをよく考えると良いです。定款の三ぷりやテンプレートを見ながら、どのような会社にしたいのかをイメージするとともに、記載する内容をよく考えましょう。”