革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

資本金の意味とは

株式会社を設立するときに必要な資本金の意味とは

株式会社を設立するときには資本金が必要になります。以前は金額に下限が設けられていて、最低でも1,000万円は必要でしたから、金銭面でのハードルは高かったと言えるでしょう。現在はこのような下限はありませんから、金額はいくらでもかまいません。極端な例を挙げれば、1円でも良いわけです。しかし、それでは運転資金がありませんし、会社の信用と言うことにも影響してきますから、意味を理解した上で金額を決定する必要があります。

まず、運転資金という意味があります。日本の企業の多くは代金の決済などをまとめて行います。例えば、今月に納入した商品は、その月の末でまとめて、さらにその次の月に振り込まれます。このような商習慣が成立していますから、株式会社を設立してすぐに売り上げが生じたとしても、現金として受け取ることができるまでには時間がかかります。その間の運転資金を確保しておくことは必要でしょう。

株式会社を設立する場合、3ヶ月くらいの運転資金は資本金として用意して置いた方が良いのです。それとともに、信用力にもつながります。株式会社の基本的な情報は登記事項として公開されます。資本金も登記事項の一つですから、取引先はその情報を知ることができるのです。資本金があまりにも小さいと、取引を行ってくれないこともありますから注意しなければなりません。例えば1円しかない場合には取引をしてくれないこともあります。

もう少し具体的に言うと、銀行口座を開設しようと思っても拒否されることがあるのです。現金商売だけで成り立つのならそれでも良いですが、信用という面を考えた場合には、あまりにも不便でしょう。ですから、ある程度の金額を確保しておくことは必要だと考えられるのです。

では、どれくらいの金額があれば良いのでしょうか。数十万円から数百万円くらいに設定することが多いようですが、目安としては300万円です。現在の会社法では下限がありませんが、以前は有限会社法によって下限が300万円と定められていて、規模の小さい会社を設立するときには有限会社が選ばれていたのです。

現在でも300万円あればある程度の信用力を確保することができるでしょうし、規模の小さい会社であれば当面の維持費を確保することもできるでしょう。業種によっても異なりますから、同業他社を参考にするのは良い方法です。また、キャッシュで用意できないのなら、現物出資という方法を選ぶのも良い方法です。”